目が大きくなり元気な笑顔になりました

子供のためにいい笑顔になりたい

子供は親の表情をお手本に成長していきます。
笑顔の時は、どのような感情を表しているのか。口角が下がっている時は、どのような感情を表現しているのか。
子供は言葉で教えなくとも自然と学んでいきます。
私も育児を経験しましたが、乳幼児期や幼少期には言語情報よりも、非言語情報で物事を伝える場合が多く、表情や身振り手振りは、重要なコミュニケーション手段だったと思います。

今回ご紹介する受講生は「自信をもって赤ちゃんに微笑みかけてあげたい。自分と同じような笑顔にはなってほしくない。」との思いから受講を決めたそうです。
忙しい乳幼児期にもかかわらず、毎回赤ちゃんと一緒に通って下さいました。
そんな頑張り屋の受講生の成果をご紹介します。

レッスンの効果

◎目が大きくなった
◎目に力が出てイキイキとした印象になった
◎目の垂れ下がりが改善された
◎目の左右差が改善された
◎下瞼のたるみが改善された
◎口角が上がった
◎頬がリフトアップした
◎首のシワが薄くなった
◎アゴのたるみが改善された
◎フェイスラインのたるみが改善された

受講生の感想

子育てに忙しく、鏡を見ながら表情筋トレーニング(フェイスニング)をする時間があまりなく、ながらフェイスニングが多かったので、正直、効果に期待をしていませんでした。
写真を見て驚きました!!こんなに改善されてるとは思いませんでした。
ずっとトレーニングを続けていきたくなりました。
ありがとうございました。

 

講師の感想

写真を何度も何度も見て「すごい!すごい!!」とおっしゃっていたのが印象的でした。
忙しい中、本当に頑張って下さいました!

実は私が表情筋トレーニング(フェイスニング)を始めた時も、子供が小さいく育児に忙しい時期でした。
入浴中や、掃除機をかけながら、食器を洗いながら。など顔を動かせるタイミングを見つけては、フェイスニングに取り組んでいました。
子供の寝かしつけをしながら暗闇で顔を動かし、子供から「怖いからやめて。」と言われたことを思い出します。

フェイスニングは鏡を見て行うことが理想的ではありますが、状況に応じて臨機応変に行えるのも良いところですし、それでも成果を実感出来るのも続けやすい理由なのだと思います。

変わりたい!と思った時が始めるタイミング。忙しくても成果が出るように、作戦を立てて取り組んでまいりますので、ご相談くださいね。