フェイスニング・表情筋トレーニング 「CARA(カラ)」

自分で引き出す自分の魅力

ご予約・お問合せ
  • フェイスニングとは
  • 事例紹介(ビフォー・アフター)
  • 企業研修・講習会
  • 講師プロフィール
  • 関連書籍
  • CARAのブログ

フェイスニング・表情筋トレーニング 「CARA(カラ)」

自分で引き出す自分の魅力

ご予約・お問合せ
  • フェイスニングとは
  • フェイスニングとは
  • プライベートレッスン
  • プライベートレッスン
  • ブライダルレッスン
  • ブライダルレッスン
  • 企業研修・講習会
  • 企業研修・講習会
  • 医学と科学にもとづくフェイスニング。元祖! 顔(表情筋・咀嚼筋)トレーニングが学べます。
  • 皮膚の内側から働きかけ、はりのある若々しい表情美人に。

お知らせ&トピックス

お知らせ&トピックス» News 一覧

2019年02月08日【まずは初回限定トライアルレッスン】

◆トライアルレッスンお申込みはこちらから◆

2019年08月21日なぜ筋トレをすると若々しくなるのか

運動嫌いは 老けを加速させる

テレビ番組で草笛光子さんが「輝き続ける秘訣は“筋肉”」とおっしゃっていたのを拝見しました。説得力があるおすがた。私も80歳を超えた時に自信をもってそう言えるように、日々コツコツと大切に積み上げていきたいと思いました。


※サワコの朝より

今でこそ、顔も体も積極的に動かす生活をしている私ですが、学生の頃は運動嫌いの面倒くさがり屋でした。走ると疲れて損をする。運動なんて汗をかくし疲れるだけで、何一ついいことはない!と本気で思っていました。

そんな当時の私は、今より10㎏以上太っていて、メリハリのない体。すぐに疲れる。立ちくらみもする。体の内も外も良い状態ではなかったんです。実年齢より老けていました。

 

しかし、ダンスが好きだったことでエアロビクスを始めた事が転機となりました。体つきが変わり、健康になりました。
エアロビクスインストラクターになってからは、体を動かす事の良さを知っただけでなく、学術的に運動効果を知ることになり「運動は絶対にやった方が良い!!」と言う考えに変わりました。

この経験があったので、顔の衰えを感じ始めた時に、顔も体のように運動をすれば若々しくなれるはず!と思い表情筋トレーニング フェイスニングを始めることにしました。フェイスニングを始めてからは「体だけでなく、顔こそ運動をするべき!!」と思うほど、変化の大きさに驚きました。

 

なぜ 筋トレすると若々しくなるのか?

実は、トレーニングをすると外見が若々しくなるだけでなく、内側から若返っていくんです。それこそがトレーニングの最大のメリット!エステや化粧品では得られない素晴らしい効果です!

 

若い頃の筋肉は、柔らかく弾力があり、張りがあり、太くて力もあります。

筋肉が柔らかいので、動きが滑らかでイキイキとした表情を作ることが出来ます。

筋肉に張りがあるので、ホホ、口元、目など全てにハリがあり、シワもなく若々しい印象です。

力があるため、顔全体が引き上がっています。目はパッチリと開き、口角も上ホホも自然に上がるので、笑顔もキレイです。

内側に付いている筋肉の質が良い状態なので、外見も若々しく見えます。若さは内側から作られているんですね。

 

しかし残念なことに、筋肉は20代前半をピークに徐々に衰えていき、気がつかぬうちに体の内側でジワジワと老化が進行していきます。

 

加齢と共に衰えた筋肉は、硬く弾力がなくなり、張りが失われ、細く力が弱くなります。

筋肉が硬くなることで、動かしにくくなり表情が硬くこわばるようになります。

弾力や張りが失われることで、お肌のハリが失われたように感じ、シワやタルミが目立つようになります。

力が弱くなるたことで、上に引き上げる力が弱まり、顔全体が下がっていきます。目は小さくなり、ホホはゆるみ、口角は下がり上手く笑えなくなり、フェイスラインはシャープさを失います。

内側に付いている筋肉の質が変化した事で、外見も変化していきます。これが老化の原因です。

 

しかし!諦めてはいけません‼️大きな救いは「筋肉は、年齢に関係なく使えば発達する」と言う性質があることです。「もう年だから遅い。」とか「今更運動をしても間に合わない。」と言う事は決してありません。トレーニングを始めるのに年齢制限はありません。何歳から始めても必ず効果は現れます!

 

そして、筋肉は積極的に使うと、使わない筋肉に比べ、衰える速度が緩やかになると言う性質があります。

だからトレーニングを継続していけば、質の良い筋肉を長く維持し続けていくことができます。衰えをゼロに食い止めることはできませんが、トレーニングを続けることで、老化の進みを緩やかにする事は可能です。地道にトレーニングを続けた人と、そうでない人とでは、明らかな違いがあるのです。

 

筋トレで若々しくなることは、見た目を若々しくするだけでなく、土台となる筋肉の質を改善する事で、内側から若々しくなるという事なのです。

2019年08月16日2019年9月レッスン予約状況

1日(日)
10:00~11:00 ・11:30~12:30
・13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

3日(火)
10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

4日(水)
・10:30~11:30 ・12:00~13:00
13:30~14:30

7日(土)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
・13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

8日(日)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

10日(火)
・10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

11日(水)
10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

14日(土)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
13:30~14:30 ・15:00~16:00
16:30~17:30

15日(日)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
・13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

17日(火)
・10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

18日(水)
・10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

21日(土)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
・13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

22日(日)
10:00~11:00 ・11:30~12:30
13:30~14:30 ・15:00~16:00
16:30~17:30

24日(火)
・10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

25日(水)
・10:30~11:30 ・12:00~13:00
・13:30~14:30

28日(土)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
・13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

29日(日)
・10:00~11:00 ・11:30~12:30
・13:30~14:30 ・15:00~16:00
・16:30~17:30

 

2019年08月08日不自然な作り笑いに見えてしまう理由 自然に笑う方法

笑顔なのに、なぜか不自然に感じることってありませんか?

✔︎キレイに見えない笑顔
✔︎作り笑いに見える笑顔
✔︎無理して笑っているように感じてしまう笑顔

実は原因がちゃんとあるんです。
作り笑いのような、不自然な笑顔に見えてしまう原因は笑顔の筋肉で笑っていないから使う筋肉を間違えてしまっていることが、不自然な笑顔に見えてしまう原因です

顔には表情を作るための筋肉が30個以上付いていて、表情筋にはそれぞれに決まった働きがあります。
笑顔を作る時には、笑顔筋を動かせばいいのです。
本来の働きの通りに動かせば、キレイな笑顔を作ることができるのですが、多くの人がその事を知らないため、使う筋肉を間違えていることが多いのです。
笑顔別に具体的に原因と対策を見ていきましょう。

 

歯を見せて笑う時に不自然に見えてしまう理由

歯を見せて笑っている写真です。

一般的に「歯を8本以上見せるとキレイな笑顔になる」と言われています。
両方とも歯は8本見えています。
しかし、明らかに何かが違いますよね。

NGの笑顔は歯は見えているのですが、少し無理をして笑っているように見えます。
実はNGの笑顔、笑顔の時に使う表情筋ではなく、威嚇するときの表情筋と、嫌悪感を表すときの表情筋をつかってしまっているのです。
笑顔なのに威嚇している。
笑顔なのに嫌悪感を出している。
矛盾していますよね。

 

口を閉じて笑う時に不自然に見えてしまう理由

口を閉じているこの笑顔も、何だか少し違和感がありますよね。

この間違いは「いつも笑顔でいよう。」と頑張っている人が陥りやすい間違えです。
笑わなきゃ!と思う気持ちがあるのだけれど、口角を上げる筋力が衰えてしまっているため、上手く口角を上げることができず、それを誤魔化すために口の横とアゴ先に力は入りすぎてしまっています。

このNGの笑顔も笑顔の表情筋は使われておらず、決心をする時の表情筋、強い意志を表現する時の表情筋、怒りを表現する時の表情筋が使われています。
笑顔なのに強さを表現している。
笑顔なのに怒っている。
矛盾していますねよね。

 

感情と表情の矛盾が違和感を生む

このように笑顔に矛盾が生じてしまうと、笑顔を受け取った人は、無意識のうちに違和感を感じ「無理して笑っているのかな?」と感じてしまうのです。

しかしほとんどの場合、笑っている本人は自分の顔は見えないので、自分はキレイに笑えている。と認識しています。

この写真は大袈裟に表現していますが、この筋肉使いで笑っている人、実は多いんです。
笑った時に、口の中央よりも口角の方が下にある。小鼻に力が入っている。あご先がゴツゴツとしている。口の端が下がっている。口の横の縦ジワが多い。などがみられるようなら、要注意。作り笑顔と思われているかもしれません。

 

作り笑いに見えない笑顔のコツ

●口角を斜め上に上げる
●上ホホを斜め上に引き上げる
●小鼻の力は抜く
●口の横の力は抜く
●アゴ先の力を抜く
等を意識してみてください。

正しくキレイに笑うことができれば、美しいだけでなく、楽しさ、喜びなどのポジティブな感情を正しく相手に伝えることができます。
そして、キレイな笑顔を贈られた人も、楽しい気持ちになるなどのポジティブな感情が生まれます。
キレイな笑顔は、コミュニケーションを円滑にしてくれる、素晴らしい力を持っているのです!

2019年08月04日老け顔予防のために できること

これからは 顔にも筋トレが常識です

キュッと引き上がったヒップライン。シュッとラインが入ったお腹。スラッと引き締まった足など、美しい体〝美BODY〟を保つために、トレーニングをする女性が急増しています。成人女性の約6割は筋トレを行なっていると言いデータもあるほど、今や美BODYのために欠かせないものとなった筋トレ。

 

では、美しく引き締まった顔のために、あなたは何をしていますか?体を引き締めたいと思うと筋トレをするのに、顔のたるみはエステ頼みと言う人は多いはずです。顔もシャープに引き締めたいなら、効果的なのはやはり筋トレ。私が表情筋トレーニング・フェイスニングを始めた13年前には、顔のトレーニングをしている人はほんの一握り、わずかな人しかいませんでした。

しかし、最近やっと表情筋トレーニングもメディアなどに取り上げられるようになり、顔もトレーニングをすれば、若々しく引き締まり、表情豊かなステキな顔になれる!と言う認識が持たれるようになりました。

 

「体はトレーニングをして鍛えれば、美しくなれるけど、顔はそうはいかない・・・。」なんて思っていたら、大間違い!時代に乗り遅れてしまいますよ。顔は運動不足になりやすい場所。顔こそトレーニングをするべきです!

今回は表情筋トレーニングの効果を、実際の生徒さんの変化も交えながらご紹介します。

 

ほんの少しの努力でこんなに変わる

顔のトレーニングを行うと、どのような効果があるのでしょうか?それは、体のトレーニングで得られる効果と全く同じと思って下さい。トレーニングによって筋肉に張りが戻り体が引き締まり若々しくなる。ストレッチによって柔軟性が増し動きやすくなる。筋力がついて姿勢が良くなる。健康的になり動きも良くなるなど、トレーニングの最も良いところは、沢山の様々な効果をいっぺんに手に入れられるところです。

これは顔も全く同様で、エステや化粧品などによるケアの場合は、お肌の悩みにはお肌のケア。タルミにはタルミのケア。小顔には小顔のケアと言うように、それぞれの悩みに対して策をこうじ、改善していく必要があります。しかしトレーニングであれば、様々な悩みを同時に改善することが出来ます。

🔸たるみ、シワの予防改善
🔸ひきしまった小さな顔
🔸キレイな笑顔
🔸豊かな表情
🔸写真うつりのいい顔
🔸血色のいい顔
🔸張りと弾力のある肌
🔸事故後、病後、手術後のリハビリ
🔸左右差、歪みの改善

 

受講生の感想
顔もトレーニングをすることが大切。と言う認識が広がってきた事もあり、私が行なっているプライベートレッスンには、顔の悩みを解決しようと多くの受講生がいらしています。昨年1年間だけでも100人を超える新受講生がいらして下さり、表情筋トレーニングの注目度が上がっていることが分かります。そんな受講生達のナマの声をご覧下さい。

◎*整形よりすごい!
◎*安い(最初は高いと思ったけれど、効果を考えると満足。コスパ良し)
◎*痛くない、怖くない、安全
◎*一生使える美容方法
◎*歳をとることが嫌ではなくなった
◎*フェイスニングに出会えて良かった(もっと早く出会いたかった)
◎*やればやるほど効果を感じる
◎*自主トレは継続するのは難しいかもしれないと思ったけれど、ながらやりの方法を教えてもらえて続けられた
◎*先生が優しいからいい
◎*とにかく変わる!びっくり!すごい!

 

トレーニングでいくつになっても自分らしい魅力的な顔

歳を重ね顔が衰えてしまうのは当たり前の事です。しかし、ほんの少しの努力で魅力的な顔にすることは可能です。

加齢と共に表情筋は硬くなり、高齢になるほど、顔は動かなくなり無表情になっていきます。表情と心の動きは深く関連しているため、顔が動かなくなると心も動きにくくなり感情が希薄になってしまいます。

人生100年時代です。老後の2000万円も不安ですが、体の筋肉の衰えによる寝たきりや、無表情による無感動も、これからの日本にとっては大きな課題になっていくはず。

筋肉を味方につけて、元気に歩き、表情豊かに楽しく笑えるように、いくつになっても、自分らしく美しく魅力的でありたいと思うのであれば、表情筋トレーニングは絶対にお勧めです。

2019年07月29日写真写りが良くなる 綺麗な笑顔のコツ

写真の笑顔は大げさでちょうど良い

今回は、写真写りが良くなる笑顔のコツをお教えします。
少し難しいと感じる所もあるかもしれませんが、誰でも必ず綺麗な笑顔になれるコツですので、ぜひ練習してみて下さい。

まず、今すぐ誰にでもできる写真撮影時の笑顔コツは、ちょっと大袈裟かなと思うくらいの笑顔にすることです。写真映えする綺麗な笑顔は、普段の20%増し。120%の笑顔でちょうどよいと言われています。自分では大袈裟かな!?と思うくらいで充分です。
しかし、大袈裟にしすぎると不自然な作り笑いになってしまう・・・。と悩んでいる人も多いようです。
では、どのように顔を動かせば、自然な写真写りの良い笑顔になるのか、更に細かく具体的にコツをお伝えします。

 

写真の笑顔のコツ
◆口角が上がっている
◆上ほほを斜め上に引き上げる
◆上の歯が8本以上見える
◆上の歯は根元まで見える
◆歯茎は見せない
◆下の歯は見せずに上の歯だけが見える
◆目はぱっちりとひらく
◆黒目に力を入れる
◆ひたい、鼻、口の横、首の力は抜きリラックス
◆優しい雰囲気にしたい場合は下まぶたを上げる

力を入れる所と抜く所を意識する

ブログの冒頭で「大袈裟な笑顔がちょうどよい。」と書きましたが、顔全部に力を込めて大袈裟に笑ってしまうと、不自然な笑顔になってしまいます。
写真写りの良い自然な笑顔のコツは、大袈裟に力を入れる表情筋と、力を抜いてリラックスさせる表情筋を意識することです。

 

写真用の笑顔の場合、上の歯の見え方が少ないと元気のない笑顔に見えてしまうので、上の歯はしっかりと見せたいのですが、無理に歯を見せようとして小鼻や上唇から引き上げてしまうと不自然な笑顔になってしまいます。ガミースマイル(歯茎が見える笑顔)の原因にもなりますので気を付けて。小鼻と上唇の力は抜きましょう。
歯を無理やり見せようとせずに、口角と上ほほが引きあがった結果、おまけに歯が見えてくる。と言う意識で口を動かすことが大切です。

さらに、下唇に力が入り下の歯が見えてしまうと、元気が良すぎる笑顔になってしまいますので要注意です!下の歯は見えないように、上の歯の下側のラインに下唇が沿うようにリラックスして口を閉じます。

 

目はパッチリと開き、黒目に力を入れるとイキイキとした印象になります。
ただし、目を大きく開こうと意識しすぎて目の表面に力を入れすぎてしまうと、目力が強すぎて不自然な印象になってしまいます。表面はリラックスし内側に力を入れるように意識してみて下さい。
目を開くための表情筋が衰えてしまうと、上手く目を開くことが出来なくなり、代わりに眉を引き上げて目を開くようになり、不自然な目元になってしまうだけでなく、額のシワにもつながります。眉は上げずに目を開くように意識してみましょう。

口角が上がらない、上ほほが上がらない、眉を上げずに目を開くことが出来ないと言う場合には、表情筋が衰えている可能性がありますので、表情筋トレーニングを行い筋力向上が必要になります。

 

表情筋が動かせないと少し難しいかもしれませんが、表情筋は意識して積極的に動かせば絶対に動くようになり、誰でも必ず綺麗に笑えるようになります。諦めず練習をしてみて下さい。写真の笑顔はおおげさに!お試し下さい。

にっこり優しいほほ笑みには「口角挙筋」 (※音が出ます)

顔の筋肉、衰えチェック! 意識付けフェイスニング (※音が出ます)

ほうれい線の予防・改善には「小頬骨筋フェイスニング」 (※音が出ます)

レッスン メニュー

にっこり優しいほほ笑みには「口角挙筋」 (※音が出ます)

顔の筋肉、衰えチェック! 意識付けフェイスニング (※音が出ます)

ほうれい線の予防・改善には「小頬骨筋フェイスニング」 (※音が出ます)

^

^