シワがあるのは普通のことです

今朝、NHKに「鈴木保奈美さん」が出演されていました。その笑顔があまりにも素敵だったので、写真を撮ってしまいました。

最近、テレビに出て来る皆さんの顔が、あまりにもツルツルで、シワ1つなくて、同じような顔になっていく事に違和感を感じています。

雑誌などは加工しすぎて、本来あるべき顔の溝まで消されてしまい、不自然さを感じることもあります。

以前、出版社の方と話している時に、

「ほうれい線は溝なので、あるべき線なんですよ。」

と話したところ

「確かに!消しすぎて宇宙人みていになっちゃった事あります。」

なんて言っていました。

それに対して「鈴木保奈美さん」のこの自然な笑顔💕

今迄生きてきた形が、そのまま現れていて素敵だなと思うんです。

シワの出る方向は筋肉の付き方と関係しています。

筋肉は筋繊維と言う細い繊維が束になって出来ているのですが、シワは、この筋繊維に対して垂直方向に入る。と言う決まりがあります。

口の横は筋肉が横方向に付いているので、シワは縦に。

目の周りはグルグル🌀っと筋肉が付いているので、シワは放射状に。

という感じに出来ます。

美容整形など人工的に若返る方法を行うと、筋線維の方向とは関係のない線が発生したり、引きつりが出るため、不自然な表情になってしまいます。

鈴木保奈美さんの笑顔は、笑った時に出るべき表情ジワがちゃんと出ているので、違和感のない自然な笑顔になるんです。

とは言え、

同年代の一般人に比べると、シワもタルミも少なくて美しい!のは

なぜ?

理由は表情筋を正しくたくさん使っているから。

女優さんは表情のスペシャリスト。顔のアスリートです!

微細な感情を顔で表現して、役の感情を伝える仕事をしています

だから普通の人よりも表情筋を使う機会が多い。

役を演じる事が、表情筋のトレーニングになっているという訳です。

シワもタルミも自分次第。

年相応に美しくありたいと願う皆さん、お任せ下さい!

美しく歳を重ねる方法をお教えします。